MOBILE DIARY

COMMENTS

BLOGPEOPLE

MONTHLY

CATEGORIES

LINKS

SEARCH

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふぁんたの大事件!(長文)

Category : ダックスヘルニア闘病記
前の日記でも少し書きましたが、ふぁんたに関して大きな出来事がありました。


ふぁんたの異変に気付いたのは先週4日の金曜でした。

朝、いつも私が起きてくるとハウスから顔だし私がゲージを開けるのを待ってるのに、全然ハウスから出てこないんです。

ゲージを開けると、すごくゆっくりとハウスから出てきてゲージからも出てはきたのですがどうも動きが遅い。
そしていつもならフードボールがあるキッチンまですぐに来るのに、途中で座り込んでしまっ全然動かないんです。

その時点で私はすぐに『歩けないんだ!』と気付きました。
そしてふぁんたのお尻を上げさせ、なんとか私のほうまで来させましたがやっぱり後ろ足をかばっているというか引きづってる感じがありました。

ダックスのこういう症状はほぼ椎間板ヘルニアです。

ふぁんたは生まれつきちょっと下半身が弱いところがあったのは周知してたし、以前も一度だけ後ろ足が不自然な歩き方になったことがあったんですね。
(そのときは病院でもらった薬とゲージレストの安静ですぐに治りました)
なのでずっとヘルニアのことは意識していました。
いつかはなるだろうとも思っていました。

なので、すぐにふぁんたをゲージに戻し、あまり動かないようにさせました。

そしてかかりつけの動物病院の開院時間と共に診察に行きました。
先生の判断もやはりヘルニアの疑い、ということでした。
ただ、ふぁんたの場合、まだ自力で歩けたし肉球をつまむと痛がりもしたので症状としては一番軽いものということで、とりあえず内科治療(薬と神経を圧迫している炎症を抑える点滴と安静)で様子を見ることになりました。

点滴は毎日しないといけないので1週間毎日病院に通いました。
薬を毎日飲ませ、安静のためゲージの中も動き回れないように新聞紙の束を詰め込み、ほぼハウスだけの生活させました。

1週間毎日病院に通っていたのでふぁんたの様子は毎日診て貰っていましが、状態は良くはならずむしろ最初に比べて右足の反応が悪くなってきていました。

最初、内科治療の効果がなければ、外科治療(手術)への切り替えも考えておいてくださいといわれていたのでずっと考えていました。

あっちゃんとも相談しました。
できたらこのまま内科治療で良くなってほしい。
手術ともなると全身麻酔でふぁんたの体にも負担がかかるし、費用も結構な額がかかる。

でもどんなけ悩んでみてもやっぱりふぁんたには元気になってもらいたいです。
手術することにしました。

ただ今診て貰っている病院にはCTスキャンがありません。
ヘルニアの状態を詳細に知るにはCTが必要です。
なので先生はヘルニアのわんちゃんを紹介している大きい病院を紹介してくれました。
そこの病院は重症の子たちをたくさん扱ってて、経験値も症例数も多い病院です。
なので今度はそっちの病院で検査をすることになりました。

それが今週の金曜日のことでした。
CTするならなるべく早くしたほうがいいということで急に決まったことだったので、一人でその大きな病院にふぁんたとしゅうちゃんを連れて、しかも距離もあったし行くのが不安だったのであっちゃんに仕事を休んでもらい連れて行ってもらいました。

その大きな病院は動物の総合病院みたいな感じです。
最近建て直したこともありきれいでした。

事前に先生からその病院の副院長先生に連絡をしてもらってあったので、受付でその由を伝え待ちました。

しばらくして呼ばれ、今までの状態、経緯など話し検査のためふぁんたを預けました。
とりあえずCT検査をして、ヘルニアの状態を診て貰います。
それで手術対象のなのか、まだ内科治療でいけるのかを決めます。

でもCT検査も全身麻酔するんです。
動物にとっての全身麻酔はそのまま死んじゃうこともあるんです。
なので絶対同意書は書かされます。

心配だけどCTしないとどうにもならないから。


ふぁんたは午後から検査で、麻酔が切れる夜7時ぐらいに迎えに来てくださいと言われたので、それまでモンキーパーク行ったり友達の家に行ったりアピタで時間を潰したりしました。

でももし何かあった場合、携帯に電話がかかってくるので携帯ばかり気になっていました。
かかってこないということはまだ何もないんだってことなんですけどね。


そして時間になりふぁんたを迎えにいきました。
ふぁんたに会う前に検査の結果を聞きました。

結果は間違いなく椎間板ヘルニアで、神経を圧迫している部分もわかりました。
ほんとCTの写真でみるだけでも脊髄が圧迫されてるの痛そうなのがわかりました。
とりあえず今は1ヶ所だけが圧迫されて、十分手術対象範囲だということです。

先生は手術をするか聞いてきましたが、私たちはするつもりでここに来ているのでお願いしました。
早くて翌日に手術ができるということだったので、急ではあったけど決めました。

なのでふぁんたはそのまま入院となりました。
帰る前に麻酔から冷めたふぁんたに会わせてもらいましたが少しボケッとしてるようで、私だと気付くと吠えてすごく喜んでいました。
ただこんなふうに喜ぶのは今の安静が大事なふぁんたには良いことではないので、すぐに離れました。
先生が言うには『この子はほんとに人懐っこくて我々スタッフにも興奮して喜ぶので飼い主さんだとなさらだと思うんです。術後はかなり安静が強いられますのでこの調子だと困るので術後すぐの面会はやめたほうがいいかなと思います』と言われました。
私もこれには賛成です。
さっきみたいに興奮して動き回られたら困ります。

なので手術は今日(土曜日)でしたが、今日は会いに行かず、明日の日曜日に少しだけ様子を見に行きます。
ほんと少しだけだと思います。なるべくふぁんたには気付かれないように見てこようと思います。

手術の結果は夕方、先生から電話をいただき無事終わったということでした。
ヘルニア部分もかなりしっかり削りとれたそうです。

ただ、手術する前にも言われましたが、手術をしたからといって必ずまた歩けるようになるわけではありません。
また手術をすることで以前よりも歩けなくなることもあるそうです。


以前のように歩けるようになるまでには時間もかかるし、リハビリも必要。
もし歩けなくなってしまったら介護も必要になってきます。
一応、犬の車椅子の発注先などは調べました。

でもできたら時間はかかっても以前のように歩けるようになってほしい・・・。
歩けるようになってくれたら、今まであんまり行けてなかった散歩も無理がない程度に連れて行ってあげたいし、ソファなどへの登り下りも禁止させる。
ヘルニアは一箇所ではなく、治してもまた別の部位に発生することもあるので再発がないようにもっともっと気をつけてあげたい。
ちゃんといっぱい気をつけるから、どうかまた歩けるようになってふぁんた・・・。

ふぁんたがいないゲージはほんとに空っぽで静かです。
しゅうちゃんに『ふぁんたどこ?』と聞くと、ゲージの鍵を外してハウスの中をのぞいたり、そこにいないので部屋の中をキョロキョロして探しています。
ふぁんた、早く元気になって戻ってきてほしいね。
イタイイタイ治るといいね、と言ってあげてます。


とりにかく、明日様子を見てきますね。
手術の詳しいことも説明してもらえると思います。




ここは育児ブログですが、ふぁんたも私たちの大事な子どもで家族。
ヘルニアの闘病記として記録していこうと思います。
もし同じようにわんちゃんがヘルニアになって、手術や闘病生活、介護生活などされてる人が見てくださればぜひ体験談など聞かせて頂けると励みになります<(_ _)>


りょうちゃんへ


ヘルニア=ダックスってなぐらい発症率高いよね・・・。
でも私もヘルニアのことを知っていながら、ソファとか飛び乗ってるのやめさせなかったし、あんまり散歩もしてあげてなくて運動不足だったし反省すべき点がたくさんあるよ・・・。

今日も面会行ってきたけど、ふぁんたは元気は元気でただまだ術後なだけあって足はふらふらでした。
でも尻尾はいっぱい振ってたよ!

メイちゃんも気をつけないとね。


ダックスにヘルニア多いよね…
でも手術が無事に終わって良かった。
これから悪化もせずまた元気に回復できるようふぁんたクンにも頑張ってもらいたいな!


非公開コメント

  

PROFILE

あさみ

Author:あさみ
愛知県在住 34歳

2005年3月20日に7年半越しの恋愛の末結婚♪
2006年5月に妊娠発覚!
2007年1月31日に第一子(♂)出産♪
2010年12月26日に第二子(♀)出産♪

現在、3才下のだんなさん(あっちゃん)と息子(しゅうや)と娘(ゆら)と愛犬Mダックス(ふぁんた)とごきげんライフを送ってます☆
お仕事はベビーマッサージセラピストとプリザーブドフラワーの先生してます^^

2008年7月、愛犬ふぁんたがヘルニア発症。
手術後の様子なども少し記録しています。
詳細はカテゴリ『ダックスヘルニア闘病記』から。


子供たちの顔が完全に正面から映ってる写真に限りブロとも、又ははパスワード制にしてます。
ご希望の方はブロともかパス申請お願いします。
(私と何回か交流のある方限定になります)
初めましての方には発行できませんのでご了承ください。

◆メールはこちらから♪





◆出産までの記録◆
妊娠前~妊娠生活~出産 までの記録です。

しゅうちゃんの成長記録

RSS 1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。